未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリォのK-1参戦2戦目。
アンディにつづいて一撃伝説第2弾です。
中断後ろ廻し一蹴。グローブ着用のリング上で、空手の技で勝つところが当時の極真ファンを熱くしました。最後の『残身』もかっこいいです。


K-1史上もっともレベルの高い試合だったと思います。ヨーロッパの洗練されたキックボクサー2人による対角線コンビネーションの攻防。ラストのローキックに繋げるまでの両者のせめぎ合いに固唾を飲みました。結果的に両者の対戦はこれが最初で最後になってしまいました。もう一回くらい見たかったですね。


セフォーが大番狂わせで一躍有名になった試合。
K-1デビュー3戦目。右のブーメランフックから豪快な失神KOが生まれました。この試合から10年以上経ちましたが、いまだに再戦は実現していません。引退するまでにもう一回見たいですね。


2006年ヨーロッパトーナメントの1回戦。
スランプ中であるにも関わらず、しっかりKOで白星をあげたイグナショフはさすがです。オトナの都合でいまはK-1のリングから遠ざかっているので、はやく戻ってきてもらいたいものです。
ボンドラチェックは増量してからルックスもファイトもいまいちなので、昔のように絞ってほしいですね。


K-1がはじめてゴールデンタイムで生中継された大会です。
空手対キック(7対7)で、放送枠で最初に行われたのがこの試合です。
K-1がいまほどメジャーでない時代に、生放送でこの二人のダウンの奪い合いの肉弾戦はかなりエキサイトしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。